なのかのお絵かき練習帳

戦国時代ぽい絵を練習中です。毛利、吉川がすき。時々BL要素あり注意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

絵が描けない事を再確認する

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2017/03/31(金) 21:02:08|
  2. 戦国絵

吊る

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2017/03/24(金) 21:09:46|
  2. 戦国絵

毛利一族の関ヶ原、みた

個人的に気になるテーマで面白かったです!感想とか書いちゃう

関ヶ原前日吉川広家&福原広俊が本多忠勝&井伊直政と起請文を交わしたことについてですが、広家だけでなく広俊が出てくる事で「毛利輝元=毛利家の意向」という信用度が高まるってのはそうですよねえ。毛利側も忠勝と直政で信じたわけだし、起請文交わした時点での信頼度や立場はひとまずイーブンかな?!

この事はよく、『本当に所領安堵の約束が守られると思ったの?』とバカにされるけど歴史の結果を知ってるから言える事で、毛利が背後から家康に攻めかかり、仮に万が一歴史が変わっていたとしたら、『そんな所通って本当に攻められないと思ったの?』になった事でしょう。どちらにとっても綱渡り的な面があったんじゃないかなと思います。

それと、輝元が広家の行動を黙認してたってのはさもありなんかなぁー。広家の言い訳の内容みると、一応途中で輝元に状況を報告し命令を待ったというようなことも記されてもいるのですが、返事はなかったっぽいのかな?とりあえず表向きは「知らなかった」で押し切れる形になっている感じはしますね。番組でも触れられていましたが、輝ちゃって薄弱なお坊ちゃまイメージと違って、野心が感じられたリ策を巡らせたり、その一方で保険かけたりと、なかなか狡猾な面ある感じしますな。そこらへんはなかなかどうして、やはり元就の孫なのです。

あとは、秀元が南宮山の陣から尾根伝いに桃配山に下って(広家陣回避ルート)家康を攻める事がそう簡単だったのかは気になるかも。直線距離でわずか3㎞との事だけど、実際は距離も険しさも疲労度もUPしないかな? 
南宮山→桃配山
(3月21日追記:分かりにくいので図にしてみた。グーグルマップを加工してます!)
地図でしか見た事ないんで所詮妄想ですが、道も悪そうだし霧もあるし武装した人1万5千なので降りるだけで時間も余計かかりそうな気はします。秀元が動いてもなんらかの対処出来そうな。そもそも家康がその件に本当に無策でいたのかどうか分かんないですね。

秀元は、内応知っていたにせよ知らなかったにせよどっちみち先陣動かんし、桃配山に攻め下ったとしても家康が陣引いたら挟み撃ちになるのは自分って事も考えられるし、状況と相談しつつ慎重にならざるを得ないよね~。

でも秀元がそっちから攻めたら広家どうしたのか気になるー!あと前も気になった事ある気がするけど、1万5千の兵って南宮山のどこにいたんだろ、陣の所にぎゅうぎゅういた…?のかな…?うーん気になる気になる!


かもん
↑そのうち使うかもしれんと思って描いてたけど面倒くさくて放置してる下り藤の三引両。いつか完成させたい…!

以下拍手コメント返信ですー
続きを読む
  1. 2017/03/20(月) 20:16:14|
  2. ★戦国雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めてよその子描きました!

清華さんちの広家と輝元
初めてよその子描かせていただきました。許可を頂けましたので掲載しますー!

清華さんちの広家と輝元です。別にリクエストされたわけでもないのに、辛抱たまらず勝手に描きました、笑。

私がオリジナル戦国絵を描き始めてしばらくした頃、「きっと他に描いてる方もいるよね、見たいよー」とpixivで検索し、清華さんの作品を初めて知りました。少し立ち止まって思いを馳せてみたくなるような胸を打つシリアスから、クスッと可愛いほのぼの作品まで多彩な作風で、深い知識に裏打ちされたそのアイディアと萌えに衝撃を受けいっぺんに好きになりました。創作戦国にご興味ある方なら私が言うまでもなく皆さんご存知かも…と思わないでもないのですが、うちのブログはイラスト練習メインですのでご紹介させていただきたく!

清華さんの作品は現在pixivで見られます。

現在は宇喜多家を中心に活動されていますが、中国・近畿地方は勿論、津軽・南部など幅広く創作されています!国内のみならず中国史(春秋・西晋)まで…、刀剣乱舞もあるよ!すごいの一言です。毛利家中ですら、「よく知らないえへへ」って人がいっぱいいる私としては、その知識や思いを作品に昇華させ続け、精力的に活動しておられる清華さんは憧れの方です。

以下コメント返信ですー。 続きを読む

テーマ:イラスト - ジャンル:ブログ

  1. 2017/03/18(土) 00:01:17|
  2. 戦国絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びPixivで大爆死 &グリザイユ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2017/03/15(水) 08:25:00|
  2. 戦国絵

輝さまの雛祭り

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2017/03/06(月) 20:14:41|
  2. 戦国まんが

ゆかゆゆ

ゆかゆゆ

久しぶりに東方絵です。東方界隈は懐が深いのだとどこかで見かけ、ちょっとヌーディな絵を描いてしまいました。ゆかりんとゆゆこさまを脱がすなんて…最低……。

でも、私が見たかったの!

それにしても女の子って難しいです。目などはもう少し小さい方が今風で可愛いんじゃないかなって思うんだけど、目指す方向性がさだまりきらないため、割と昔の手癖頼みになっちゃって、なんか古臭いかなあ……。とりあえず今回は巨乳っぽく描いてみました。とにかく色調が難しく。あとで修正するかも。

以下拍手コメント返信です~
続きを読む

テーマ:イラスト - ジャンル:ブログ

  1. 2017/03/01(水) 22:16:15|
  2. 東方絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。